HOME > 情報・技術 > NASが起動しない?データ救出の奮闘記 > 第2回「環境構築篇」

トップ画像

第2回「環境構築篇」

仮想マシンにLinux環境を構築する

NASのHDDは直接PCから読めないため,仮想マシンを作成しゲストOSとしてLinux環境を構築することにしました。今回は環境構築篇として,仮想マシンにゲストOSのダウンロードと,新規に仮想マシンを作成します。


ゲストOSのダウンロード

  1. ゲストOSは,日本語環境に対応したVine Linuxをインストールします。Vine Linuxは日本国産のLinuxディストリビューションだけあって,日本語をそのままで扱うことができます。はじめに,DVDのイメージファイルをVineLinux公式ページ(https://vinelinux.org/)にアクセスして,メニューの「ダウンロード」よりウンロードページに移動します。
    VineLinuxのダウンロード(1)

  2. 幾つかのサーバにイメージファイルが置いてあります。任意のサーバを選択してください。
    VineLinuxのダウンロード(2)

  3. ディレクトリの一覧が表示されますので,とくに理由がない場合は最新バージョン(ここでは「Vine-6.3」)を選択してください。
    VineLinuxのダウンロード(3)

  4. 次の画面で「IMAGES」を選択してください。
    VineLinuxのダウンロード(4)

  5. 「IMAGES」ディレクトリから,DVDのイメージファイルをダウンロードします。「Vine63-DVD-i686.iso」が32ビット版,「Vine63-DVD-x86_64.iso」が64ビット版です。今回は64ビット版をダウンロードしました。
    VineLinuxのダウンロード(5)


新規仮想マシンの作成

  1. ゲストOSをインストールまえに,入れ物である仮想のPCを作る必要があります。事前準備でダウンロードしたVirtualBoxを起動して,「VirtualBox マネージャー」画面の左上にある「新規」アイコンを押下します。
    新規仮想マシンの作成(1)

  2. 仮想マシン作成画面が開きます。「エキスパートモード」ボタンを押下します。
    新規仮想マシンの作成(2)

  3. 仮想マシン作成画面がエキスパートモードに切り替わります。以下の設定が終わったら「作成」ボタンを押下します。

    • 「名前とオペレーションシステム」
      名前欄に作成する仮想マシンの名称を入力します。ここでは,あとで何のOSをインストールしたか分かるように「Vine Linux 6.3」としました。名前欄にOS名を入力すると,「タイプ」および「バージョン」は自動設定されます。自動設定されない場合は,手動で選択してくだい。
    • 「メモリサイズ」
      必要最小限のメモリサイズが自動的に設定されます。必要に応じて修正してください。
    • 「ハードディスク」
      ゲストOSをインストールする仮想のハードディスクです。ここでは「仮想ハードドライブを作成する」を選択しました。


    新規仮想マシンの作成(3)

  4. 仮想ハードディスク画面に遷移します。以下の設定が終わったら「作成」ボタンを押下します。

    • 「ファイルの場所」
      ゲストOSをインストールする仮想のハードディスクは,ホストOSではファイルとして扱われます。仮想のハードディスクの保存場所を設定します。
    • 「ファイルサイズ」
      自動的に値が設定されます。必要に応じて変更してください。
    • 「ハードディスクのファイルタイプ」
      とくに理由がない場合は「VDI(VirtualBox Disk Image)」を選択します。
    • 「物理ハードディスクにあるストレージ」
      とくに理由がない場合は「可変サイズ」を選択します。


    新規仮想マシンの作成(4)

  5. 以上で新規仮想マシンの作成が完了しました。
    新規仮想マシンの作成(5)


お疲れ様でした。次回は,仮想マシンを作成してゲストOSであるLinuxをインストールします。


広告

目次


広告