HOME > 情報・技術 > NASが起動しない?データ救出の奮闘記 > 第1回「事前準備篇」

トップ画像

第1回「事前準備篇」

NASのHDDは直接PCから読めない

故障したNASには,今まで制作した作品や各種資料,決算関係のデータが入っています。どうにかデータを救い出す方法はないでしょうか。そういえば,毎日NASからレポートが送信されてきました。直近のレポートをみる限りHDDや冷却用のファンには問題なさそうです。望みは捨ててはいけません。もしかしたら,HDDは生きているかもしれません。NASからHDDを引き出し,クレードルタイプのHDDケースに差し込みます。PCに接続して電源を投入と,無事マウントはできました。ちゃんと,ドライブとして認識しています。HDDから異音もしません。HDDは生きているようです。

しかし,Windows 10から直接データにアクセスすることはできません。それもそのはず,Windows PCとNASではファイルシステムが異なります。多くのNASはUNIX系のOSで動いています。同じUNIX系のOSならと,淡い期待を抱きながらMacに接続。残念ながらMacOS Xでも同様にアクセスすることはできません。調べてみると,当スタジオで使用していたNASは,XFSというファイルシステムを採用していることが判明しました。XFS形式のファイルシステムは,Windows,Macともに読むことも,書き込むこともできません。「諦めるしかないのかな」と思っていたところ,光が見えてきました。再度,XFS形式のファイルシステムについて調べたところ,LinuxやFreeBSDでサポートしていることがわかりました。

リーナス・トーバルズさん,ありがとう!


仮想環境を構築する「Oracle VM VirtualBox」

LinuxでNASのHDDにアクセス可能なことがわかりましたが,現在Linuxをインストールできる遊休マシンが手元にありません。そこで,PC上に仮想機械を構築して,Linuxをインストールすることにしました。今回は,x86仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」を使用します。VirtualBoxは,GPLライセンスのフリーソフトウェアで,公式サイトから無料でダウンロードすることができます。


VirtualBoxのダウンロード

  1. VirtualBoxの公式サイト(https://www.virtualbox.org/)にアクセスして,左ナビの「Downloads」よりダウンロードページに移動します。
    VirtualBox公式サイト

  2. ダウンロードページから「VirtualBox platform packages」と,その下の「Extension Pack」をダウンロードします。
    VirtualBoxのダウンロードページ


VirtualBoxのセットアップ

  1. VirtualBoxをWindows10にインストールします。ダウンロードページしたVirtualBoxのインストーラを起動して「Next」ボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(1)

  2. カスタムセットアップの画面が表示されます。インストールしたい機能を選択しますが,とくに問題なければそのまま「Next」ボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(2)

  3. インストールするオプションの選択画面が表示されます。お好みの項目ににチェックを入れて「Next」ボタンを押下します。上から「スタートメニューにエントリを作成する」「デスクトップにショートカットを作成する」「クイックランチバーにショートカットを作成する」「ファイルの関連付けを登録する」となります。
    VirtualBoxのSetup(3)

  4. VirtualBoxのインストール中に,ネットワークが一時切断されますと警告がでます。ネットワークが遮断されても問題ないことを確認して「Yes」ボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(4)

  5. インストール開始の確認画面が表示されます。設定の確認をしたい場合は「Back」ボタンで戻ることができます。インストールを開始する場合は「Install」をボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(5)

  6. インストールが開始されます。
    VirtualBoxのSetup(6)

  7. 「Oracle VM VirtualBox X.X.X installation is complete.」の画面が表示されればインストール完了です。「Finish」をボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(7)


エクステンションパックの導入

  1. 続いてエクステンションパックの導入を行います。VirtualBoxのマネージャー画面から「ファイル」> 「環境設定」> 「機能拡張」を選択します。
    VirtualBoxのSetup(8)

  2. 機能拡張画面の右側にある「パッケージ追加」アイコンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(9)

  3. VirtualBox本体と一緒にダウンロードでダウンロードしておいたエクステンションパックを選択します。確認画面が表示されたら「インストール」ボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(10)

  4. ライセンス確認の画面が表示されます。最後まで読んで「同意します」ボタンを押下します(最後まで読まないと「同意します」ボタンがアクティブになりません)。
    VirtualBoxのSetup(11)

  5. 「機能拡張パッケージ Oracle VM VirtualBox Extension Pack のインストールに成功しました」の画面が表示されればインストール完了です。「OK」をボタンを押下します。
    VirtualBoxのSetup(12)

  6. 機能拡張画面に「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」が追加されていることを確認します。
    VirtualBoxのSetup(13)


お疲れ様でした。以上でデータ救出の事前準備は完了です。次回は,仮想マシンにゲストOSのダウンロードと,新規に仮想マシンを作成します。


広告

目次


広告