HOME > ヘルスケア > ピロリ菌 除菌体験記 > 第5回「ピロリ菌の除菌判定」

第5回「ピロリ菌の除菌判定」

ピロリ菌除菌の薬を飲み終えてから1カ月半ほど経った後,ピロリ菌の再検査を受けに病院に行きました。前回の診察では以下のような説明を受けていましたが…

『除菌後の検査では尿素呼気検査と採血検査を行います。最初に1回目の呼気を採取します。その後,検査薬を飲んでから2回目の呼気を採取まで20分くらい時間を空けます。その間に採血に行ってきてください。検査当日は検査が終わるまで飲食できません。朝食は抜いてきてください』


前回の通院時と同様に,入り口の機械に診察券を通してから内科の受付へ。

看護婦さん :採血はお済みですか?
 :まだです。先に呼気検査を受けるように言われました。
看護婦さん :あ,呼気検査ですね。今日は診察はありますか?
 :いいえ,検査だけです。
看護婦さん :お掛けになって,お待ちください。

暫くして処置室に通され,看護婦さんから2つある水色の袋の1つを手渡されます。

看護婦さん :お名前のご確認をさせてください。
 :はい。カワグチマサトです。
看護婦さん :息を吸って,フーッとこの中に息を吹き込んでください。
 :はい。フーッ

次に検査薬と水の入った紙コップを渡されます。

看護婦さん :お薬は噛まないで一気に飲んでください。
 :はい(薬を飲み込む)。
看護婦さん :それでは,外でお待ちください。タイマーが鳴ったら処置室にお入りください。
 :はい。

あれ?採血はいいのかなと,少々不安に思いながら廊下の椅子に腰掛ける。待つほど20分。タイマーが鳴り再び処置室へ入りました。看護婦さんからもう一つの水色の袋を渡されます。

看護婦さん :先ほどと同じように,この中に息を吹き込んでください。
 :はい。フーッ
看護婦さん :はい,今日はこれで終わりです。
 :え…?前回,採血検査もあると言われたのですが(予約表にも採血と書いてある)。
看護婦さん :少々お待ちください。
・・・他の看護婦さんに聞きに行く・・・
看護婦さん :はい,大丈夫です。採血検査は必要ありません。
 :あ,そうでか。わかりました。ありがとうございました。

ちょっと,腑に落ちないところもありましが,そのまま会計を済ませ帰宅しました。


尿素呼気試験では2.5パーミル未満でピロリ菌の除菌が成功となります。尿素呼気検査から一週間後,検査結果の報告を受けるため再び病院まで行きました。結果は0.5パーミルで陰性。めでたく無事に除菌が成功しました。日本国内であれば,再びピロリ菌に感染することは殆どないそうです。とは言え,胃癌のリスクが無くなったわけではありません。年に1度は内視鏡の検査を受診するよう勧められました。



広告


目次


広告