ヤマモリ ガパオ

今回は,ヤマモリさんの「ガパオ」をご紹介。タイ料理でお馴染みのガパオライスですが,ご⾃宅で⼀から作ることは難しいため,飲⾷店を利⽤して楽しまれている方も多いかとおもいます。今回ご紹介する商品はレトルトなので,ご自宅でも簡単に楽しめますよ!

目次

レトルトなのでお手軽!ヤマモリのガパオライス

レトルトながら本格的な「グリーンカレー」で知られるヤマモリさん。そのヤマモリさんからレトルトの「ガパオ」が発売されていたので購入してみました。多くの場合「ガパオの素」で,具材は別途買って自分で調理する必要があるけど,こちらはレトルトカレー感覚で食べられるのがいいですね。

しかも,レンチン対応なのも嬉しい!箱から中袋を出し,中袋の封を開けずに電子レンジにセット。600Wで1分。中袋には表と裏があるので注意してくださいね。ちなみに,最近リニューアルしたらしく,現在は新パッケージになっていました。もしかしたら,加熱時間に変更があるかもしれません。

原材料

鶏肉,オイスターソース(大豆を含む),赤ピーマン,粒状大豆たん白,バジル,植物油脂(小麦・大豆を含む),にんにく,砂糖,唐辛子,ナンプラー,チキンエキス/調味料(アミノ酸等),カラメル色素,塩化カルシウム

いざ、実食!

今回は,パッケージの写真にならい目玉焼きをトッピング!

粗めの鶏挽肉と,赤ピーマン,そしてバジルが見られます。ほんのりと,にんにくとナンプラーの香りが漂ってきました。

さて,そのお味は……。パクリと一口。ふんわりとした甘みと,ピッリとした唐芥子の辛さに加え,バジルやナンプラーの風味が空腹感を刺激します。お肉は脂が少なく,噛みごたえのある肉質。噛めば噛むほど,旨みのある肉汁がじんわりと染み出てきます。ただし,エスニックな特徴のある香りが好みが分かれるかもしれません。

まとめ

この記事では,ヤマモリさんの「ガパオ」を紹介ました。ガパオライスは日本でも認知度の⾼いタイ料理。タイでは「バジル炒め」を意味する「パットガパオ」と呼ばれています。⾃宅で⼀から作ることは難しいガパオライスですが,ヤマモリさんの「ガパオ」ならレトルトを温めるだけで,本格的なガパオライスを楽しむことができます。

ヤマモリ ガパオごはん
総合評価
( 3 )
メリット
  • レンチンで,レトルトカレー感覚でガパオが食べられる。
  • ⾃宅で本格的なガパオライスを楽しむことができる。
デメリット
  • エスニックな特徴のある香りが好みが分かれそう。
  • 肉質がややかため。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

黒い石碑の「食いしん坊」を担当。美味しい物好きな単なる食いしん坊。特に甘いものが大好き♡食事を抜くと機嫌が悪くなります。

目次